銀行のカードローンについて

みなさんは銀行のローンを利用された事はありますでしょうか。

 

昔は銀行というと住宅ローンやマイカーローンなど限られた用途でしかローンが組めないといった具合でした。ですが、今は違います。

 

今は銀行も自由な用途でカードローンができるようになっています。それはなぜかというと、最近は銀行も企業ばかりにお金を貸し付けるのではなく、小口の個人にもお金を貸し付けるようになったからです。

 

ですから、今の銀行は消費者金融と同じ業務もやるようになったという事です。これはある意味借り手側としては良いことだと思います。

 

それはなぜかというと、銀行も個人に貸し付けるようになったおかげで既存の消費者金融も競争原理が一層働くようになるからです。

 

そうなれば、借りる方には必然的に今までよりも有利な条件でお金を融資してもらえるようになるからです。

カードローンの特徴を考える。

今回はカードローンの特徴を考えてみたいと思います。
カードローンということばについてはよくお聞きすると思います。しかし、どのようなローンかについてはご存知でない方が多いと思います。そこで、カードローンを簡単にご説明したいと思います。

 

カードローンはまずカードを作る必要があります。そしてカードを作ると無担保でお金を借りることができるのが特徴です。

 

また、カードローンは通常のローンのように毎月返済するような仕組みではありません。事前に利用限度額を決めておけば、銀行のキャッシュカードのようにATMから自由にお金を借りることができるのも特徴です。

 

以上のようにカードローンの特徴からわかるように、お金を借りる側にとっては銀行のキャッシュカードの様に使いやすいと感じると思います。したがって「心理的な負荷が小さい」と思います。


このページの先頭へ戻る